小論文の書き方 > 最近の就職試験に小論文が多いわけ

最近の就職試験に小論文が多いわけ

従来、就職試験は学科の試験のみで、あとは面接という形が一般的だったと思います。

それがなぜ今小論文の試験形態が多くなってきているのでしょうか。

確かに学力試験で、その個人の「勉強力」ということはよくわかるかもしれません。

しかし今、学力だけではその人間の「質」が問えなくなってきているのです。

その「質」を見るために小論文での試験が重要になってくるわけです。

小論文の試験で一体なにがわかるのかというと、まず読んだだけで書いた人の考えがわかりますよね。

物事をどのように捉えているか、そのことについてどう考えるか、理解力と判断力を持ちバランス感覚を持っているのかもわかるのです。

また、物事に対する姿勢、というものも見ることができます。

積極的に物事を考えているのか、それとも消極的なのか。

多数の小論文を見てきて、私にも「この子は前向きだな」などということがわかりましたよ。

誠実さや人間性も文章にはあらわれます。そう考えると小論文ってすごいものですよね。

ちなみに、この「すごい」も話し言葉ですからご注意ください(笑)。

また、社会情勢についてどの程度の知識があるのか、常識力もわかります。

小論文という限られた字数のなかでも、「書いたことを人に伝える」ということは、今までその人が培ってきた文章に対する力も必要になります。

つまり、基礎学力も書き方から知ることができるわけです。

どうですか、本当に小論文は無敵の試験でしょう?

この書き方をきちんと知って、就職に生かさない手はないですよね。

今からでもまったく遅いことはないので、小論文対策はしっかりやっておきましょう!